弁護士 藤原 周作(ふじわら しゅうさく)

打ち合わせ風景

<メッセージ>
皆様のお力になれるよう、全力を尽くします。
ご相談をお待ちしております。

<注力分野>
・損害賠償事件(交通事故、学校事故、医療事故等)
行政事件(行政訴訟、国家賠償等)
不動産関係(建築事件、借地借家事件等)
・その他一般民事・家事事件全般

<略歴>
1978年5月 愛媛県出身
2002年3月 一橋大学社会学部卒業
2002年4月~2004年1月 日鉄ソリューションズ株式会社勤務
2008年3月 上智大学法科大学院修了
2008年9月 司法試験合格
2009年12月 司法修習修了(62期)、弁護士登録(千葉県弁護士会)
弁護士法人よつば総合法律事務所にて勤務
2012年2月 藤原法律事務所開設、第二東京弁護士会に登録換え
2018年2月 高井・村山法律事務所に加入

<委員会活動等>
関東弁護士会連合会環境保全委員会副委員長
第二東京弁護士会消費者委員会委員(医療部会、住宅部会)
第二東京弁護士会環境保全委員会幹事(ダム・原子力・エネルギー部会、都市交通部会)
環境法政策学会
日本環境法律家連盟
日本環境会議

<役職等>
中野区法律相談担当
東京商工会議所(中野支部)法律相談担当

<著作等>
「生活環境影響調査等がなされていないことを理由に管理型最終処分場設置許可を取り消した事例」『いんだすと』2012年3月号
「太陽光パネル設置に関する事業者の留意点」『会社法務A2Z』2014年5月号
「石綿工場から飛散した石綿粉じんにより中皮腫に罹患した周辺住民に対する国家賠償責任が否定された事例」『自治研究』91巻2号(2015年)
「産業廃棄物処理施設に対する改善命令を違法として国家賠償請求を認容した事例」『いんだすと』2015年4月号
『産廃判例を識る』(環境新聞社、2016年、共著)
「事業者に対する配慮義務違反による違法な処分が国家賠償法上も違法とされた事例」『いんだすと』2017年8月号

サブコンテンツ

このページの先頭へ