弁護士 村山 圭一郎(むらやま けいいちろう)

打ち合わせ風景

<メッセージ>
記者時代から、困っている方、悩んでいる方の心に寄り添うよう心掛けてきましたが、弁護士になってからもその思いに変わりはありません。事実を一つ一つ丁寧に調べて、問題解決につなげていきたいと思っています。

<注力分野>
離婚事件
相続事件
不動産・建築関係紛争
行政事件

<略歴>
1977年12月 茨城県出身
2000年 3月 一橋大学社会学部卒業
2000年 4月~2007年3月
中日新聞社(東京新聞・中日新聞)勤務
水戸支局、東京社会部、東海本社(浜松)報道部において、
主に事件事故、刑事裁判、地方行政、選挙等を取材。
2010年 3月 横浜国立大学法科大学院修了
2010年 9月 司法試験合格
2011年12月  弁護士登録(第一東京弁護士会・64期)
松崎法律事務所にて勤務
2015年 1月 髙井・村山法律事務所に移籍

<委員会活動等>
第一東京弁護士会法律相談運営委員会委員
同委員会公益通報部会、広報部会委員
第一東京弁護士会司法研究委員会 建築紛争研究部会部会員
東日本大震災における原発被災者弁護団委員
原子力損害賠償支援・廃炉等支援機構における相談業務専門家
東京中小企業家同友会会員(中野支部)

<役職等>
茨城県小美玉市 法制アドバイザー(非常勤特別職)
三鷹ネットワーク大学 監事
三鷹市行政不服審査会委員
中野区法律相談担当
東京商工会議所(本部)法律相談担当

<著作等>
「戸籍時報 2015年6月号(No.727)子の監護者の指定、引渡請求の保全処分における判断基準」(日本加除出版㈱、2015年)
「実務 原子力損害賠償」(勁草書房、2016年)

サブコンテンツ

このページの先頭へ