弁護士髙井が「法と民主主義賞」を受賞しました

弁護士髙井の論考「技能実習生を含む外国人労働者の「活用」方針の問題点」を含む特集「『ブラック化』する労働法制」(法と民主主義 2014年6月号(No.489))が第11回相磯まつ江記念・法と民主主義賞を授賞しました。

詳細はこちらを御覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ